Blackline Drag Racing

blacklineの RACEや日々作業blog

タグ:HKSミッション

こんにちは

いやいや、、、毎日暑い、、、
夏が 思いやられますね、、、

さてさて
春先から夏にかけて、、は ミッション作業やギア補修 制作などが多くなってきますが
先日 納めたGEAR  

HKS FR用 Hパターンです

240404a



















分解、、

補修でございます

240518a




















熱処理も完了です(^^)

カウンターシャフト用のナットも制作
240518f




















そして、、
こちらは、まず、熱処理のご依頼
旧車の GEAR シャフトたちでございます

240518w




















そして、、このカウンターシャフト ベアリングが廃盤で
太さ違いのベアリングを使いたいという事で、、、

240518r



















カラーを制作、
240518g



















このような作業は、先方様の加工指示
このように加工すれば附合するPARTSを探す労力はかなり大変です

寸法が出る物は寸法図とにらめっこして、探します
また、自動車PARTSのほとんどが、、ベアリングなどに 品番やメーカーが書いてあっても
自動車メーカーじゃないと、出してくれなかったりします

そういう契約だったり、、メーカー指定で制作したり、なのでしょうね
ほぼ出ません

なので、近いもの、同じものを探すのですが
これが、、ホント大変、、、、このようにここを加工して、、と言われるほうが
時間的には短かったりします

なので、絶版車や、廃盤パーツのものは
ベアリング1個でも ものすごくコストがかかってしまいます

さてさて、、という事で

ミッション作業、多くなっておりますが
順番にこなしております

ご希望の方で早めの納品をご希望の方は お早めにご依頼くださいませ

それではー


#blackline #ブラックライン #HKSミッション #HKSドグミッション #ギア制作
#ギア補修  #ミッションOH #ミッションベアリングカラー #ドグミッションナット制作
#ギア熱処理 #DOG補修

こんにちは

今日は 昨日とうってかわって、、、
夏のような暑さです

そろそろ、5月
暑くなってきますねー、、

さて
ミッション、HKS Iパターン  シーケンシャルミッション 組付けです



シャフトが極曲がりしてたせいで、カラーをこじってしまい
い痛みがでていたので、補修&カラー交換

DSC_0356




















240416d



















ここが終われば  プリロード調整をして Fカバーを本固定で
組み込みになります


240416e























2NDハウジングまで組み込み 固定
メイン カウンターを組んだ所です
2軸のミッションなので、 どのミッションも景色が似てますね

このミッションは、Hパターンから、Iパターンに変更されていますので
少し違う箇所もありますが、ここまでは ほぼHパターンと同じ、

この時点でも、横に倒して、シフトがスムースに動くか確認してあります
ここで硬ければ、、、 何か起こっていますので、分解します

メイン、カウンターの重さ、、、プリロードもいつも通りか、
確認  これもこの時点で重いものは 分解するのが良いです

で、、、
さきに書きましたが、HパターンをIに変更するために バレルプレートを
載せます
240416bb
























あとは、バレルを載せて各リンケージ  OD GEARを取り付けて
作動確認

240425a




















シャフトをクルクル回しながら バレルを回して
スムーズにシフトが変わるかを確認、、、
これが結構 疲れます 

バリやひっかかりがあれば、ここで、ダイヤのやすりで削ったりいたします
これが、終われば

今度は コントロール側のリンケージを組んで ケースを被せて

240425b




















FD用はリンケージも凝っていますので、
順番に組付けていき、、、

最後はレバーを装着して
作動確認でございます

が、、、最後の最後で、、、コントロールハウジングのネジ山がダメになっておりましたので
ヘリサート加工をして再生

折れたボルトが残っていたので、、、取り出すのに苦労しました、、、
という事で 全て完了(^^)

納品待ちとなります

それではー

#blackline #ブラックライン #HKSミッションOH #ドグミッションOH #DOG修理
#ギア修理 #ギア制作 #ミッションOH #HKSシーケンシャルミッション 
#HKSFD用ミッション

こんにちは

まずは お知らせです
今度の日曜日 14日ですが、日光サーキットで ツアラーミーティングと言うイベント
が行われるのですが

自分は、SC300  DRAGMACHINEの展示をご依頼いただいたので
展示で参加いたします

当日はGOODS 販売なども行っておりますので
お近くの方 お時間のある方は是非遊びにいらしてくださいませ(^^)


230321d




















DRIVE SEAT 乗ってみたい方も OKでございます(^^)


さて、、、
最近 毎 日曜日はIBENT 続きですが
作業のほうもネチネチと進めております

HKS Iパターン 6SPEED FOR RX7  FD3Sでございます

GEAR達が 補修等が完了、
熱処理上がってきていますので、表面処理


2404100c




















という事で、、、まずは
ケースを洗浄いたします

これが、、地味に時間がかかります


240410b




















このミッションは、シーケンシャルバレル部分が別体のタイプですので
組み込みも、チト手間が増えますまた、、、洗うのも1個増える、、、

ホント 地味ですが、半日から1日かけて
ネチネチ洗います

さて、、、、
さらに、地味な


240410c




















シャフト類の曲がり修正、、、
これは、一番自分が嫌いな作業です

金属曲げるって生理的に、、、
メチャクチャ ストレスが、、、、


240401e




















まあ、、、、文句を言っても終わらないので
ネチネチ修正していきます

リンケージ RODも


240404le






















この1本が、、、極曲がりで、しつこく曲がりがとれません
しかし、、、ネチネチ続けます、、、、


DSC_0356



















という事で ここもNG カラーを入れ替えます
そして REARケースのボルトも1本 6mmが分解時 緩まず ねじ切れたので
これも治さないと、、、、ヘリサートかな?

という事でそろそろ組み込みに入ります

それではーーー


#blackline  #ブラックライン #HKSミッション #DOGミッション #DOGミッションOH
#HKSシーケンシャルミッション #ギア補修 #ギア制作 #ミッションOH

こんにちは

一昨日は雪が降りましたが、、、
夜は結構積もっていたのですが 朝にはほぼなくなっておりました
チト残念でございます

さて、
春になると、多くなってきます
ミッション関連 ギア関連のご依頼

昨日もお持ち込み

240306f


























HKSミッション Iパターン、、、シーケンシャルMTです
先日の筑波 SLで 壊れたとの事

これから、分解、確認いたします

さて、現在分解しているミッションは、Hパターンの6SPEED やはりHKS

HKSミッションには細かく分けると 結構種類があります
これは、アフターメーカーならではの、
少し制作しては改善、、の繰り返しになるからです

しかし、、FR用は大きくわけて2種類にわけられるのですが

1個はコレ

240306a


















ここにCリングがあり 各ギアを規制しているタイプと

このリングが無いタイプ
240306y



















ギア形状、組み方、構造が違ってきます
そして、Cリングタイプとは互換性はありません

そして、、分解しないと、ほぼ どちらかは、、見た目では解りません
この下の写真の Cリングレスタイプが、より丈夫になります

CリングタイプはこのCリングが衝撃などでズレて シャフトをかじって
ズレてしまったりすることがあります

これは、分解して4thギアを外さないと確認できませんので
ほぼ全部分解しないと確認できません

ですので、たまにあるトラブルで
分解して組んだけど、、、、DOGはキレイなのにギアが空回りする、または抜けるといった
事がありますが

全部分解せずに この箇所を確認しておらず、そのまま組まれている事があります
特に、、、リバース ギアを飛ばしているミッションは、衝撃でここにダメージがある場合が
ありますが、

リバースギアだけだと、後ろ半分でも交換できたりしますので
前まで確認せずに、、組んでしまい
トラブルがでる、、といった事があります

最近の海外製のミッションに、BELLをアルミのものを取り付け

純正レイアウト、、、クロスメンバーで搭載という方式
つまりボルトオンで、搭載されていたりしますが

HKSのように、クロスメンバー方式で搭載しても、強度が出ませんので
寿命は、結構短いというか、、強度はHKSよりずいぶん 落ちると思います

HKSはクロスメンバー選定で設計されていますから、
ケース強度 剛性がかなり高い部類、
MotorPlateを使用して塔載しないのであれば、ケース剛性の高いミッションがお勧めです

また、何度もギアが競ってしまったり、破損してしまう場合は
塔載方法。。。というか固定方法を変更したり、追加したりみてください
随分改善されると思います

さて、、、話は変わりますが
ミッションを分解する際に 良く使用するTOOLは、、SNAP RINGプライヤー

これは、、自分は、、ですが
SNAP ONの物が 非常に使いずらくというか、、カッチリ感がなかったので
ほぼ全部 KUNIPEXを使用しております

240307a


















なんでも先端にピアノ線のようなものが使用されているのか、入っているのか
確かに カッチリしていて、寿命も長いです

ですが、、、こういったリングで硬い物

240307n


















かなり苦労します、、、ホント取れないときはとれない、、、
張力がきつく大きく開く、、みたいな場合です
結構はじかれてしまうのです

この写真のリングはHKSミッションのものですが
ここは、破損したり、元が細いタイプで強化する場合
RINGを太いものを制作して、溝をきるのですが、、、
これがまた、、、入りません、、そしてとれない、、のですが

この写真のTOOL SNAP ONですが
これが調子が良いです

チト加工していますが、、これだと随分楽に脱着できます

やっと、、、この部分のSTD TOOL 見つけたよーって感じです(^^)
こういった、そうでも良いようなTOOLも、見つけるには時間がかかったりします
買って使ってみて、、、また次買って使ってみて、、みたいな、、、

まあ、、こういうのも楽しいんですけどねー
さて、、それでは、ネチネチ ミッション達、進めます


#blackline #ブラックライン #HKSミッション #DOGミッション #ギア修理 #ギア制作
#ミッションOH #Snapringプライヤー #SNAPON #KNIPEX #ドグミッションOH
#シーケンシャルミッションOH

こんにちは

月末ですねえ、、、
毎月 嫌なプレッシャーがありますが
年末になるので、余計に落ち着かない、、、

もう開業して今度の1月で27年周年、、いつまでもあんまり変わらない?
感じがします

さて、

これも、変わらず 割と多い作業の一つ
ミッションでございます

今回は、HKS 6SPEED FOR FC3S  Hパターン


231122a























分解前に 手で回したところ、、、、
回らない、DOG 2重噛み合いという感じでも無く
極端に重い感じですので

何か挟まっているか、、、ナット緩んで ギアズレか、、Cリングずれて
シャフト破損からのギアズレが多いのです

とにかく分解します

231122d





















リンケージ分解して REARハウジングを外すと
いきなりナットが緩んでおりました

ここが REAR ハウジングに当たって 重かったのでしょう(^^)

回ってしまうと、ネジ山は削られておりますのでおおよそ使えませんので
軽傷ならば、このナットを制作だけ、、ですが

ここのナットだけが緩むって あまりない事なので
緩んだ原因があります


231122e




















さあ、、、これが原因ですね
REVERS GEARが飛んだ衝撃で 緩んだのだと思います

メイン カウンター アイドラー 全て 破損です

HKSのミッションで一番多い 症例かもしれません
なぜ、、、こうなるのか?は
以前に何度か書いていますが

ミッションを逆転 RVERSさせるには
シャフトを逆回転させるために  2軸のミッションでは
中間に、GEARを介して 反転させます

これはどのミッションでも同じなのですが
多くのミッションではこの アイドラーギアを
REVERSの際に メインとカウンターギアの間にSLIDEで
噛みこませる方法が多いのです


231128e


















こんな感じで
中央のギアにアームがかかっておりますが
これでギアをずらし、左右のギアの間にSLIDE 反転させるわけです

このミッションは ホリンジャ―のGTR用です

ですので、多くのミッションが
前進中に REVERSに入れようとすると
(ギャー―――――――っ)と音がして入りません

しかし、このタイプのREVERSの欠点は
小さいながらもギアを一つ 物理的にSLIDEさせないと、、ですので
凄くスペースを取ってしまいます

そこでHKSの FR用のミッションなどのTYPEは
極力 ケース剛性とコンパクト化を狙ったようで
DOG や ドライブギアを使って 常時逆回転しているGEARの動力を
出力に伝えるようになっております

これだと 通常のシフトを同じように シフトできるので
スペースを取りません

そうそう、、、

最近色々なミッションのギア修理 制作をしますが、、、
海外製のミッションを国産車に使用する場合

BELLメーカーすら無い日本ですので、BELLを純正加工
クロスメンバーのまま塔載になると思いますが
ケース剛性が、クロスメンバーではなく
MOTOR PLATEでとるように設計されているものが
多いのですが、、、

これが原因で ケースがしなり、ギアの噛みあいが悪くて 破損がとても多くなりました
クロスメンバーのまま、、つまり、エンジンマウント、ミッションマウント、、、
などSTDに準じた 搭載をする場合は、HKSのような高剛性なケースのミッションがお勧めです

そして、そういった 海外製ミッションを搭載する場合は
MOTOR PLATE もしくは 補強ポイントを制作してくださいませ

さてさて 話を戻して こういう切替タイプのREVERSミッションの場合
はいりやすい分、前進していてもシフトできてしまったりします

ミッションの構造が解らないと ピンとこない話なのですが
つまり、、、こういうタイプのREVERSギア構造のミッションは
前進中でもギアが入ってしまいやすい、、わけです

しかし、各メーカー 特に純正などは物理的に
動作をしないと 入らないようになっていたりするので
安心なのですが

HKSはここの調整が 非常に簡素化されていて
飛び越えて 入ってしまう事があります

シフトの配列も、Hパターン  左上が REVERS
その下が1ST 2ndは右上、、、となります

つまり位置的にも、1から2にシフトしようとして、REVERSに入ってしまう、、、
という感じです

これも、イマイチわかりずらい、、と思いますが
コレを 改善するパーツも制作してあります

DRAG用は以前から 制作していましたが
DRAG用は、レバーをONにすると、順番にシフトアップしかできなくなります

220618c























バーンが終わって 誘導 バック、ステージする際に
このカラーをONにすると 順番にしかシフトできなくなります

ただ、、、これだと
周回走行や ドリフト走行だと使用できませんので
思い切り 1から2に、何もかんがえずに 不安なくシフトしたい、、という
ご要望で

1から2だけのガイドを制作しました
バックしたい時 レバーを引いてバック

つまり他のミッション、、というかHKSのSTDと同じ方法です

220618a




















このCAM状のスペーサーがガッツリガイドにあたるので
まず、REVERSに入る事はありません 思い切りシフトできます

まず、HKSのシルビア用で、¥31900~ (来月値上げ予定)

~というのは、、レバーの状態 固定差で変わる事があります

ちなみに、TRUSTのミッションの場合は
このシステムも DRAG用でも
レバーが曲がっているのと、元々 カラーやスプリングなどが無いため
レバー自体を制作するか、、一か八か レバーをプレスで伸ばす、、、という作業
と カラー制作 スプリング カラー制作が必要になるので
いぜれも 高くなります

こちらは、お問い合わせください

そして、HKS用でも 1-2用は シルビア用は 何個も制作していますが
FD FC用は、数を制作していないので

できればミッションごとの確認が必要になります

いずれも、ミッションごとが こちらで正確な調整ができますので
お勧めいたします

どうしてもミッションごとが厳しい場合は
シフトレバー リテーナー(レバーが止まっているミッション側のパーツ)
に、シフト位置がわかるように、印をいれていただいて
その部分で制作

後にお客様自身で微調整はしていただくようになります
DOGミッションはほとんどが ギア同士のピッチが狭く 調整がチト手間がかかります

上記となります
やはり、、、わかりずらいと思いますので
興味のある方は お問い合わせください

さて、、、、話は戻って

231122g



















このミッションも他を全部分解、DOGを CHECKします

5th 直結があるミッションですが、直結部分のDOGのみが
減っています、
比較的キレイなミッションです(^^)

さて、、、最後の確認をしますが、、、
これは後程

それではーーー


#blackline #ブラックライン #ギア制作 #ギア修理 #DOG修理 #DOG再生
#ミッションOH #HKSミッション #FC3SDogミッション #FC3SHKS
#DragShifter #ドラッグシフター #シフトガイド #HKSシフトレバー


このページのトップヘ