Blackline Drag Racing

blacklineの RACEや日々作業blog

タグ:BOSHポンプ

こんにちは

今日はチト涼しい(^^)
こういう日があると、なんかホッとしますね、、、

さてさて、
制作していた、TOYOTA  MARK2  JZX100
完成でございます

240521x



















エンジンルームも完成

240522c




















MOTORは2JZ  90mmストロークの3.2Lです
VVTIはそのまま、インナーシムにしてあります
スロットルは、90ハイ パイプで、フライバイワイヤー

マネージメントはLINKでございます

FUEL PUMP ユニットも車両側に搭載

240521v[






















見えませんが、このユニットから、車両に配管してあります

2h40523f






















ということで、、
エンジンに火を入れて、調整をしてから
シャーシ上で、色々調整していきます

240521z




















この車はナンバーが無いので、
このような車両の場合、シャーシでラッピングをしますが、、、
今回は、クランクシャフトも変更しているので

できれば、慣らしを走行で行ってもらいたい、、ので
一度 回す前に お客様に納車して、サーキットにて走行してきて頂きます

240523f




















セッティングしたあとに、、、エンジン開けて CHECKできるなら良いのですが
それも なかなか、、、、ですので
より良いであろう選択肢で、、という感じでございます

240525s


















何日かかけて調整をしていきます
シャーシ上で何度ももシフトアップ、ダウン、曖昧なアクセルワークなども
調整していきます

まあ、、全開だけではないので
走行するのに必要な箇所を調整していきます

ネチネチネチネチ 試走でございます

という事で、、、完了
このあと 納車して、そのあとまたお預かりしてから本セッティングとなります

お待たせいたしました(^^)


#blackline #ブラックライン #JZX100 #2J3.2L #2JZ #MARK2 #クワイフミッション
#JZX100シーケンシャルミッション #BOSHポンプ #FUELPumpユニット

こんにちは

いやいや、、、5月も後半に入りましたね
今月も頑張って残りをこなしてまいります(^^)

さて、、、
制作中の TOYOTA MARK2

FUEL PUMP ユニット
まずは、完成したコレクターや、PUMPを本固定

PUMPはBOSHの新しい TYPEです
旧型の後継機でございます

240515b




















去年から、今までの物が手に入らなくなったので、このBOSHの新型にスイッチして
使用しております

さてさて
ここから、AL 配管を制作していきます

240516a




















ハイ 完成(^^)
やはり、、、3分間クッキングのようにすぐ完成しているように
見えますが、、、

まずは、形状を想像してカット、、、短かったりイマイチだと0からやり直しとなります
1度で決まる事がまず、、ないので、廃材も結構出たりする作業
こういう作業は、カッコ良くと、意識すると微妙なものになったりしますので
なるべく、機能的に効率的に、、と制作したほうが
それなりの仕上がりとなります
やはり、、自分達のセンスよりも自然の摂理になるべく従うほうが
自然なものが出来上がる?といつも感じます

まあ、、、とにかく
時間のかかる作業でございます

という事で
ユニットを組んでいきます
240521a




















この下側からのニップルが車両側からの IN OUTになります


240521b






















さてさて、これを車両にマウント、車両側の配管をしていきます
何気にこの見えない箇所のレイアウト、使用するHOSEの量が結構多いのです

チト 急ぎの作業ですので
ピッチ早めにには制作しております

車両配管 あとは電源を制作です
もう少しで完成 

頑張ります(^^)


#blackline #ブラックライン #JZX100 #2J3.2L #MARK2 #2JZ #エンジンOH
#BOSHポンプ #FUELユニット #ワンオフ制作


こんにちは

いやいや、、、、またまた 暑くなってきましたねー
皆様 体調 気を付けてお過ごしください

さて、制作中の TOYOTA MARK2  JZX100でございます


240512cc




















現在、エンジンルーム側  後ろ側ではFUEL PUMP 
手分けして進めております

FUEL PUMP ユニットは前回書いた通り
フレームを制作、現在ユニットの構築に入っております

まずは、このレイアウトにあう コレクタータンクを制作

240510f


















考慮レイアウトに沿って
PANELを加工します

240510g




















このHOLEは ボディ側からの配管、PUMP等の取り付け位置を考慮して
位置を決め 空けていきます

バリなどを取りこんな感じに

240510z




















こういった 形状 ボディ側からの配管などを考慮

240510v




















こういったフレームで2週間くらいはかかっております
3歩進んで2歩下がる的な作業、、、水前寺清子のようですね(^^)

つーことで、PUMP類を仮載せします

240510s




















2枚目の写真のコレクタータンクの左上にゴチャゴチャとあるブラケットは
各PARTSの固定に、本体はバンドと併用して固定します

これは振動対策でこのような固定方法となります

さて、、ここからAL PIPEを曲げて配管制作に入ります
ここで、エンジンルーム側も、このPUMP側も、
またまた、追加のフィッティングが必要に、、、

調べて注文、でございます
もう何度目か、、
現物制作ですので、チトした角度の違いでも変更になったりします

現在エンジンルームもパイピングやステーなど制作中
こちらのほうが速く終わります(^^)

ツー事で、チト ペースを上げて作業しているこの車
でも、、もう少しかかるな、、、

ネチネチ進めます
 
#blackline #ブラックライン #JZX100 #ドリフト #MARK2 #2J3.2L #BOSHポンプ
#ポンプユニット制作 #パイピング制作 

こんにちは

本日は自分が私用にて留守となりますが
工場は、稼働中

DRIFT  CARの MARK2を進めております


240507a





















MOTORは2J  90mm STROKEの3.2Lですが
本体は完成して、搭載前に、補器類の補強リカバリーを兼ねて 
色々行い 搭載は完了

補器類のSETに入っております
全員で手をかけております

エンジンルーム側は、、まず  ウエストゲートの出口が上を向いて
TOP HOODから出ていますので

こうなるように、HOODの穴位置に出るように、位置を加工
マニフォールドは既製品ですが、CUTして制作
位置を合わせます

240404a



















以前は1JZの HEADなので、補器類は見た目は同じですが
今回は2J HEADで 補器類の位置などは変わっているので
位置出し

240607c



















ウエストゲート周りは位置決め完了でございます

240507b




















エンジンルーム側は、やはりパイピング合いませんので
IN OUTとも制作していきます
IN 側は90ハイにスロットルになりますので
太くなります

そして FUEL LINE 今回は
2LINEで、前に送りますので
デリバリーの変更 加工

FUEL LINEを車両下側に増設

そして、REARにPUMP ユニットを構築していきます
振動などを考慮して BASEユニットを制作します

240507c


















PUMPのレイアウト、配管も考えながら制作が必要
振動に対してなどもありますので

240507d


















ブラケットを制作
強度も、出す必要もあるので 
色々、作りながら 変更してフレームを制作

おおよそ形状ができた所で今度は AL PLATEで
BASE PLATEを制作していきます

240507e















こんな感じで載せていきますが
AL PIPEで構築しますので スペースなども微妙に調整して
今度は これに合わせて コレクタータンクを制作していきます

しかし、、、細かい材料 部品が連休明けの納期、、、
早くきてくれると良いですが

最近は海外製のPARTSも含めて、不安定&値段があがりましたねー
チト急ぎの作業なので

エンジンルーム PUMPユニット、別れて作業、、、
しかし、、、パッとは進みません

しっかりネチネチ進めます


#blackline #ブラックライン #JZX100 #ドリフト #MARK2 #2J3.2L #BOSHポンプ
#ポンプユニット制作 #パイピング制作 

こんにちは

いやあ、、、暖かい、、、昼間はチト暑いくらいだったり
が続きますねー

今週は、週末 イベントが続き
自分は後半 いなかったっりもしますので
バタバタしてしまう、予定です

さて、、
お預かりの1台


231102w




















チト前に お預かりしたALTEZZAとは違う車両でございます


231102r



















 こちらは、TD07
エンジン内部は、PISTONE コンロッドを変更
CAMSYAFTは264 となっており STDなSPECです

良く 2台でメディアにでているので、どっちがどっちだか、、と言うお客様が多い車両です(^^)

やはりワンオフパーツが多い 1台となっております


燃料ポンプもDENSO×1 BOSH×2でございます
231104r















ALTEZZAは、個人的にですが この ボディのSIZE感が好きな 1台です
コンパクトで良い感じです
6気筒でも4気筒でも載せやすいし

形も結構 COOLでまとまっております(^^)

しかし、、、ALTEZZAの 3S STDはとにかく 遅いですよね
やはり車両剛性が高い分 重たいですからねー

という事で TURBO化される方が多い車両ですが
やはりネックになるのが 元々 出来が悪かったマネージメント系

特に スロットルです
この車などは、すでに、サージタンク スロットル共にワンオフで制作してありますので
関係なくなっておりますが

STDのままですと、、スロットルの修理や補修など もう古いので
どうしようも無くなっていたりもします

という事で 次の段階は、マネージメントはフルコンの前提になりますが

他の スロットルボディに変更になってきますが
ここでも、電子制御スロットルにするか、、、機械式にするか、、、
の選択となります

まあ、、ここは好みですね(^^)
ウチで多いのは機械式にしてしまいます

231107rr




















STDのサージタンクのまま、、例えば シルビアあたりのスロットルを装着
できるように 変換フランジを制作して、
下についている BOXはエアコレクターです
ここにアイドルコントロールバルブを装着します

写真のは日産のRB用AACが装着できるように制作してあります
ここも、フランジを変更すれば、なんでも使用できます

あとは、、TURBO化するとネックになるのが
FUEL リターンが無い車両、

過給機が装着される場合 絶対1気圧のNAと違い
燃圧も昇圧していく必要がありますが

これを上手くコントロールさせるには
これも制作したほうが良い 箇所です

FUEL レギュレーターを装着して
REAR FUEL TANKまで引いて

蓋を加工するなりして
RETURNを制作してあげる必要があります

この2点を行うとALTEZZAはとても 弄りやすくなるというか
普通のこの時代の車両と同じ感じで 進める事ができるようになります

ちなみに、、、サブコンと言われるような物との相性がとても悪いのと
サブコンは構造上 IJ交換にはまともに対応は不可能となりますので
INJ 交換を伴う SETや上記のような カスタムの可能性のある方は
使用はNGだと考えております

最近はALTEZZAのお問い合わせも 多いように感じますが
色々 下準備や、元々 NAで、古い車両です
劣化箇所や、そこをリカバリーして TURBOになるようにモディファイを
しっかりプランを考えて 進めないと、
あとが大変でございます

あまり、安くできる、、みたいな情報に惑わされず しっかりプランを練って
楽しんでくださいませ

それではーーー

#blackline #ブラックライン #ALTEZZA #アルテッツァ #3SG #TD07 #BOSHポンプ
#フュエールリターン制作 #アルテッツァスロットル #TURBO化 #SXE10 #アルテッツァターボ



このページのトップヘ