Blackline Drag Racing

blacklineの RACEや日々作業blog

タグ:7MVPRO

こんにちは


日は、チト涼しい、、、
こういう日はなんだかホッとしたりします(^^)

さて、、制作中のTOYOTA SOARER

IC制作に入っております
今回はOWNERが、2層 600mmTYPE 2枚お持ちでしたので
これを使って制作していきます

ここまで大型のものは、要らないと言えば要らないのですが

ICの役目のとらえ方、、、
人によって違うと思いますが

自分は、、ですがSETしてて、冷やすというより
安定させる、、というかエアを貯めて、温度も一定に、、所的な
感じで使用します

ですので、あまり薄いと、中速 低速で 車が重い所で
容量が足りないので、
トルク感を出したい際に
点火いれて 燃料を入れたいのですが
チト 幅が狭い感じがします

特に街乗り、車重があり、、、シンクロ付きミッションみたいな場合
容量があるほうが、SETの幅がとれたりします、

このくらいのSPECであれば、、特にこの車はPUMP シングルですので
POWERは600まで、、POWER的にというより
中速 あたりの為という感じ

3層で十分ですが、今回はコアが2個あり、スペースもあったので
こういう制作としました(^^)

240607a



















まず、チト高さの違うコアをCUTして、整えていきます
寸法を揃える感じです

240607c






















コアを整え コアをセンターで溶接したら
PANELを制作して1個にしていきます

これで4層TYPEの厚さです
幅は600mm

20SOARAERであれば 前が長いので収まりそうですね(^^)

240607b




















旋盤でボスを制作したら
車両に合わせ 位置出しをします

ステーも制作  SUS RODで制作

240607d



















こんな感じになります

やはり、SOARERだと収まりますね(^^)
という事で
ここから、SIDE TANK  配管を通すために ボディ側の加工などに入ります

バッテリーもリアに移動となります
大きなものを優先にして、細かいものは 移動、移動となっていきますが
この目立たない作業が、結構時間がかかってきます

エンジンに火が入るのはもう少しかかりそう、、、、
ネチネチ進めます


#blackline  #ブラックライン #ソアラ #20SOARER #7Mサージタンク
#7MT78 #7MIC制作 #7MVpro #MZ20 #7MGTE #ワンオフ制作


こんにちは

チト暖かくなってきましたねー
さすがに、この辺は雪もう降らないかな?

さて、、
制作していた    
TOYOTA  SOARER
やっとMOTORに火が入りました

7Mの6連スロットル 珍しいSPECです
まあ、、、7M自体が今は随分レアなMOTORですね(^^)


240309c




















EXマニも6IN1でワンオフ制作してあります

231222aex




















詳細は、、、、過去分見れば、、、と、blacklineのSITEにも詳細は掲載しますので
そちらをご覧ください


240309b




















ダイナモを位置変更して、スロットルのスペースを確保
こちらも、intakeマニフォールドから、スロットルボディに至るまで
全てワンオフ制作してあります

こんなものも、、、

240310a

















見えない チョー地味なPARTSですが、ダイナモを移動しているので
こういったテンショナーも制作してあります

ファンネルもワンオフ制作

240310a



















ボディなどなどもワンオフ制作です
リンケージは見えないように構築してあります
マニフォールドの下側です


240309aa


















水のライン  スロットルワイヤー リンケージ FUEL LINE
エアLINE 全て変更しています

さて、、
元々TURBO MOTORのまま、CAMSYAFTも作用角の小さいものなので
それなり、、ですが やはりNAって感じの音でございます

あとは 走行調整して、、、ですね

240309f


















楽しみでございます(^^)


#blackline #ブラックライン #20ソアラ #MZ21 #7M #7M6連スロットル
#ワンオフ6連スロットル #7MワンオフEXマニフォールド #7MNAチューン #7MV-PRO

このページのトップヘ