Blackline Drag Racing

blacklineの RACEや日々作業blog

タグ:7MNA

こんにちは

3月になりました 今月もパリッと進めてまいりましょう

しかし、、、体調がイマイチ戻りません、、、、


さてさて

制作中の TOYOTA SOARER

7M NA   EXマニ制作 からの 6連スロットル制作
全て ワンオフ品で仕上げております

見える箇所も手間がかかりますが、、
見えない箇所はさらに、、手間がかかる的な内容です

全部は書けませんが、、
まずは、リンケージなどは見えないように
全部スロットルの下にレイアウトして制作してありますが

アイドルコントロールバルブやエアコレクターも見えない位置としました
これも、ちょっと見える位置に制作するのと
ほぼ見えない位置で制作するのでは、形状は変わってきます

今回はほぼ見えない位置での制作ですので
ブロックに沿った形状に取り付けできるような形状ですので
チト変わった形状になっております

240125b


















型紙を制作

さあ、、、、こうなりました
これは、ここに来る 他のパーツ、スロットルリンケージや
水、エアライン パイプなどの レイアウトでできるだけメンテナンスが良いように
、形状を決めて制作します ですので、、、見えません(^^)という位置で制作
230125a


















あっと、、いう間、、に見えますが、、結構時間はかかっております

6連スロットルなどにすると 負圧部分の体積が減りますので
ここに貯めてから、各部に分配となります
そして、ニップルが沢山つくようになっているのは
各気筒から繋げて バランスパイプで使用します

ここから下の構築 レイアウトの変更、水ライン変更、
スロットルリンケージの構築は、、、さらに10日くらいかかりましたが、、、
シークレットとしておきます(^^)

次は 見える箇所ですが オイルキャッチタンク 2Ndタンク

240214r




















これも型紙から制作開始

240214uu




















下面にはブラケットを制作してボディ側に取り付け
そこにこの凸が入るように制作してあります

タペットカバー側には AN8を溶接  AL PIPEでブローバイLINEを制作して
1STタンクに集合させております

240214s




















こんな感じでございます
スロットルワイヤーは多車種の物を使用
ブラケットも制作 タペットカバーに取り付けです
ここから、、

タペットカバーを塗装、本取り付け

240228b





















こうなります

240228a



















ここから、キャッチタンクまでは、ホースで接続します

240228e



















AN8のカーボンメッシュホースを使用しましたが
ここはあえて、ホースバンド、、、こういう所をフィッティングでやると、
大袈裟に見えて、、、重く見えるんですよねー
圧が、かかるわけでもないのであえて バンドで固定でございます
OIL キャッチタンクも、やる気のない形状ですが、、
下面は、上の制作中の写真の通り チト多面的な形状になっております

という事で、あとは、細かいステーや、パーツの本取り付け、本仕上げ
磨いて、全てを本固定となります

スロットルの脱着なんて、、、100回くらいは行ってるくらい
付けたり外したりを繰り返し、やっと、、、です

今回は、スロットルからEXマニフォールドまで、全てワンオフ制作です
オリジナルな感じな仕上げになったかな?と思っております

そろそろComplete!
ネチネチ進めます(^^)

#blackline #ブラックライン #20SOARER #20ソアラ #7M #7MNA
#7M6連スロットル #7MEXマニ制作 #7MV-PRO #ワンオフ6連スロットル
#ワンオフコレクタータンク #ワンオフオイルキャッチタンク #MZ21

こんにちは

また、寒くなってきましたねー
流石にまだ2月って感じですね(^^)

さてさて
作業中の、 TOYOTA SOARER  7MGですが
削り出しのスロットルボディは前回のblogの通り完成してますので
組み立て調整してから、リンケージを構築しました

スロットル周り、構成はおおよそ完了して240217w





















次はファンネルを制作していきます

リンケージは、スロットル下側に構築してありますので
上からは見えずらく制作してあります

これにより随分スッキリ見えるようにしてあります
ワイヤーは届かなくなりましたので、他車種の物を流用で交換

見えない箇所の方が大変、、でございます

この下にはエアコントロールも構築していきます
エアバルブとか、、ですね


さて、、、
ファンネルの制作

治具で、ALをファンネル形状にプレス制作してから
旋盤で仕上げていきます

240131bb



















同形状 同角度で揃えて制作していきます
これも、、結構時間と手間のかかる作業っとなります

240131ee




















これを制作してあった、AL PLATEに差し込み
固定しますが、このファンネルは差し替えて 長さ形状が違うものを取り付けられるように
5mmか4mmのヘッドレスボルトで 固定します

そして、おおよそ形状が決まりましたら
このBASE PLATEもカットして 3個に分割いたします

傷んだタペットカバーも ブラストで塗装を落とし
8番のフィッティングが装着できるように
フィッティングを溶接して

240217r



















こんな感じで
大まかな所はほぼ完成しましたので、
ここから、水ライン FUEL LINE AIRコントロールやAIRLINEを再構築していきます

見えないところを見せないように、見える所は機能的にで
メリハリを付けていきたい、、、、という感じで進めております、、、

まあ、、、他もみんなそうなのですが、、、、

という事で 仕上げに入ってまいりました(^^)
ネチネチ進めてまいります


#blackline #ブラックライン #20ソアラ #7M #7M6連スロットル #SOARER
#削り出しスロットル #ワンオフスロットル #ワンオフ制作 #ファンネル制作 #7MNA

こんにちは

本日から、本格的に2024y 始動と言う感じですね(^^)
皆様、今日の出勤はチト 憂鬱だったのでは?

気分を切り替えるのに、チト時間かかりますよねー

さて、、、
制作中の SOARER


231222bex




















EXマニフォールドをまずは制作しました
作りはじめからチト飛んでますが、去年末に完成
42.7ハイの 等長 6IN1でございます

231209ss




















集合させて 本溶接を完了、集合部は一旦フランジにまとめます

231222aex




















ここから、フランジとパイプ丈夫には、SUS PLATEでコの字の補強板を制作して
各ポート上に溶接

車載するとこんな感じでございま

231222ggee






















いやあ、、、、中々大変でしたが なんとか収まりました
あとは補強ステーや、移動物 フロントパイプ側を制作してメインのマフラーに
接続をしていきます

240109a


























フロントパイプには80ハイで接続
フランジや、SUSパイプ とにかく材料代がスゲーかかる作業でございます(^^)


240209b


















OIL LEVEL ゲージもステーを制作して取り付け
こういう細かい所も何気に時間がかかっていきます

という事で、EX側は一旦完成(^^)

ここから INTAKE側の構築となります

マニフォールドのBASE フランジは完成

231227tt



















スロットル本体は現在 制作中 全て削り出しとなります(^^)

その前に チト厄介な 問題を解決しないと、、進めませんので
そこをネチネチ解消いたします

それはまた次回に(^^)

それでは


#blackline #ブラックライン #7M #20ソアラ #7MNA #6連スロットル
#EXマニ制作 #7MEXマニ #等長マニ #ワンオフ制作 #タコ足

こんにちは

昨日からなんだか また暖かい(^^)
作業もはかどりますねー

さて、、
制作中の TOYOTA SOARER

231201o























まずは、SUSでEX側のマニフォールドフランジ制作

231201j




















段になっているのは PIPE外径を差し込みにして
強度を出すためです(^^)

マニフォールドここが結構負荷がかかるというか 
クラックが入る事が多いので

ウチで制作をする場合のフランジはここに差し込み溶接できるように
制作することが多いです

231201x




















ツー事で、、、、
材料だけでもこの量
231201a























まずは、ウチに在庫である7MのHEADを引っり出してきて
制作開始でございます

231206f



















まず最初に集合部を制作  6IN1で 等長としますので
集合部を制作

231206a





















そして パイプを繋げていきます
231205c



















溶接をする順番を間違えると、、、
後で泣きを見ますので、考えながら順番に溶接していかないと、、でございます
また、6気筒なので溶接など、特に気を付けないと
あとで、フランジ面修正な際に めちゃくちゃ大変になります

これだけで、、、何日かかるんだろ、、、、って感じの作業となります

ツー事で、、、、
INTAKE側の PARTSカットなどが完了するまで
EXマニフォールドを進めていきます(^^)

#blackline #ブラックライン #20SOARER #7M #7M6連スロットル #EXマニ制作
#タコ足制作 #ワンオフ制作 #7MNA #MZ21 #20ソアラ

このページのトップヘ