Blackline Drag Racing

blacklineの RACEや日々作業blog

タグ:ドグミッション

こんにちは

9月になりました
今月もパリッと 進めていきます(^^)
皆様宜しくお願いいたします

さてさて
DOG ミッション  HKS Iパターン

曲がり修正をしたシャフトで 組み込み前に
ケースに空組みして、プリロード確認
数値は、経験値からの重さでシム調整したりします
たまーに、、、、分解時にスゲー重いやつなどありますが
割と多いのが
組み治しされたミッションで、、、ケースシムにパッキンが
はみ出し 挟まったままという物もあります

という事で調整完了したら

230902a




















まずは、シャフトに各GEAR達を組み込み
熱処理と処理をしたGEAR D.GEARは若干色が変わります

230902b

























3個あるGEARの 2個目 DGear 3個目が
DOG補修 熱処理などしたGEARでございます

メインシャフト GEARはプレスを使用して組みます

つーことでここから、ケースの本組み
リンケージRODも組んで 

ケースに入れていきます
230902c





















ちなみに この作業台は、ミッション専用で制作したもの
色々なミッションの組み込み時に便利でございます

1STCaseを組んだら GEARを入れて 各GEAR作動確認をして進みます
このミッションは シーケンシャルなので、インターLOCKを外して組みます

たまに、インターロックが組み込まれているIパターンもあったりします
外すか外さないかは、、、あなた次第?ですね(^^)

HパターンはインターLOCKがありますので、
立てたままでも作動確認できます 

という事で LOCKが無いIパターンミッションの作動CHECKする際には 横にしますので
この時点でもケース時仮止めして パッキンが乾いてから横にしてCHECK

急いでいる時などには 立てたまま RODを2本づつ 
タイラップなどを巻いて固定してから 動かして
確認したりします

そして2個目のケースを組んだら
また スペーサーを入れて仮止め

230902d




















ここでも 横にして作動確認しますが
パッキンが乾くまで、しばし、、まちます

やはり急いでいる場合は タイラップなどを使用して固定して 立てたまま確認
センターにある MicroSwitchも固定

ここから メインシャフト カウンターシャフトのメイン ナットを締め込みます
その後 ベアリング バレルなどを組み込み
このミッションは5SPEEDですので、ここにGEARは組み込みませんので
カラーを入れます

230902e




















ここから、リンケージアームをバレルとアームに固定

230902f




















コントロールユニットを取り付ける前に やはり作動確認をします
DOGミッションですので、シフトの確認をする際にはMシャフトを手で回しながら、、の
必要があります

そして、、、
バレルを手でクルクル回し スムースに動くか確認
このバレルが回転することで この溝に沿って シフトが動いていきますので
表面にバリやゴミ すり減りがあってはいけませんので
慎重に見ますが

左右の手でクルクル回して見ていますので
結構疲れます

この写真のバレルは表面硬度を上げてありますので
補修は ダイヤモンドやすりで、整えます

良くIパターンはマメにOILを変えて、、、というのは
ここに カスなどが回って噛みこまないようにする という理由も多いです

ここに少しでもカスが入ると ほぼシフトがLOCKします
そのままDOGの入りが浅かったりすると、、GEAR飛ばしたりします

また、Hパターンに比べて 寿命が短いのはこの構造の為です
Hパターンのように、例えば 4thからいきなりニュートラルにはできません

クルマが止まる前に 4-3-2-1-Nと順番に落とす必要がありますので
シフトをNにするたびに 順番にDOGを必ず組み合わせないとですので
すり減るというか、、痛みが速いのです

OSやHKSなどでも、1万キロ以下の分解を推奨するのはこのためです

Nに落とす前に
クルマが止まってしまうとメインシャフトが停止してしまうので
DOG同士が干渉してしまい、入らなかったりします

オートバイと同じですね(^^)
オートバイなら軽いので、車両が止まってしまっても
軽く動かして落としていけばよいですが

クルマだと 車重があるので、そのままクラッチ繋げなおして Nまで下げるので
チト 面倒ですね

まあ、、、慣れでございます
なので、街乗りがメインの場合はHパターンがお勧めです
Iパターンはチト、、、疲れます

さて、ここから
最後のシャフト、、、コントロールシャフトを取り付けて
REARケースを組んでいきます

HKSのミッションが 他のミッションより、ストックボディに組んでも
耐久性が良いのは、このケース強度にあると思います

海外製のミッションなどは、、おおよそ ドライブプレートなどで強度を取る前提なら
大丈夫なのですが、、、

日本車のSTOCKではそのような載せ方を制作している方は皆無ですよね

という事で STOCKボディで 普通にミッションを載せている方は
ケース強度があるミッションをお勧めします

それではー


#blackline #ブラックライン #HKSミッション #DOG修理 #GEAR制作 #ドグミッション
#シーケンシャルミッション #DOGミッション #GEAR修理 #ミッションOH



こんにちは

今度は 秋田が、、、大変なことになってますね、、
またまた、秋田方面のお客様にご連絡しましたが

大丈夫なようです、
被害にあわれた方 お見舞い申し上げます、、、、

関東も、、暑いというか日本中暑いのかな?
体調気を付けましょう、、、

さて

涼しいエンジン室で作業(^^)

230718a




















ミッション専用の作業台に設置して、分解でございます
今回は、HKS Iパターン 5speed シルビア用です

230712a




















230712e





















Rear Case開けるとこんな感じ
このミッションはバレルがメインシャフトの外側に被っております
シフトリンケージは基本的に、Hパターンと同じ位置です

5Speedですので、OD無し カウンター側はスペーサーのみです

向かって右のレバーがシフト コントロールにつながっていて
これを前後に動かすと 写真中央のバレルが回転して、
これに刻まれた 溝にそって シフトリンケージが作動します

たまにお問い合わせのある これを6Speedにできますか?
とあるのですが

PARTSがあれば簡単に変更できるのですが
無い場合は、、結構大変でございます、
ます、GEAR制作 メインとカウンターで2個に
ドライブGEAR とインナーカラー制作 ここが結構お金がかかる部分です

バレルに6Speedの作動パターンを切削
リンケージロッド制作 バレル側とDOG側 アーム制作

全て制作の場合 素直にもう1機購入されたほうが 安いかもしれません

さて分解 CHECKです
リンケージ アームなどを全て外し センターケースを外すと
1ST REVERS セクション

リバース 1stはキレイな感じ(^^)

230718b

















ここからは、フロントケースから出さないと 確認できません

HKSミッションが、他の海外製ミッションよりも、耐久性が良いのは
このケース構造です

元々がSTDの載せ方で使用する前提で
BELLからケースまで制作されておりますので
ねじれに 強い

海外製のミッションは、より軽くしかも 日本車のような載せ方を前提としていないものが
多いです

MotorPlateで、前後固定前提だな、、と思います
日本にはBELLメーカーもないですので
なにか制作して そのままエンジンの取り付け
固定は後ろだけ、、、が多いので

ケースがねじれ GEARが競ってしまい 割れたり欠けたりしている感じを
見受けられます

国産のStockBodyに普通に載せるような場合は、このHKSのような構造のケースが
お勧めです
さて、、、

230712b




















お客様のご指定が、2ndが抜けるとの事ですが
2,3が、ダメになっておりました

ここからはプレスでシャフトからGEARを分解していきます
前後から抜くのですが、

このミッションは、4Th GEARの下に Cリングが使われていないタイプですので
最後のほうの型です

最後のほうのミッションは構造が変わっていて、このCリングがレスになっています
結構多いトラブルで、このCリングがずれて シャフトを削ってしまっていたりします

この場合はGEARが抑えられなくなるので
GEARが入らなかったり 抜けたり DOGがしっかりかみ合わないので
すぐ GEAR抜けを起こします

また Revaes GEARが動いてしまうと
GEAR割れを起こす事もありますので

ご自分で分解される方は必ずここまで分解して 破損やリングの確認をお勧めいたします
また、破損している場合は、blacklineでも補修可能です、
リングも制作可能でございます

さてさて、分解完了
これは 外すとさらに解りやすいですが
この写真は DGearですが

230712c




















こうなると、DOG同士が引っかからなくなり
動力が伝わりません

そして、、このDOGの部分は5mmもありませんので
もし、DRIVEしていてGEAR抜けが起こりはじめたら

無理に手で抑えて走ったりせずに 速めに
分解 してください

あまりその状態で無理にDOG同士を当てると
Dギアが破損したり、表面に熱が入りすぎてしまい、DOG欠けたりしまう事があります

補修不可、、、制作になったりしますので早めに 分解をお勧めします

という事で GEAR補修に入ります

ネチネチ進めます(^^)


#blackline #ブラックライン #HKSミッション #シーケンシャルミッション #ドグミッション
#シルビアドグミッション #ドグミッション修理 #ギア修理 #ギア補修 #ミッションOH

こんにちは

暑かったり、雨だったり、、、
しかし、、湿度は多いですねー

梅雨って感じです
今年もあと半分、パリッと進めましょう(^^)

さてさて、
SKYLINE  GTR  
32GTR

マフラー制作

230530cc




















本来 このSPEC  RX6 TWIN  DOGミッション みたいな場合は
マフラーはいりません 

排気抵抗にしかならないので、、、SIDE出しですね
しかし、今回のORDERは街乗りできるように、、ですので

抜けるけど、なるべく音量を押さえた 排気周りを構築します
まず、、材料を、PEACEをカットして、制作していきます

この、、PEACEカットが中々時間と手間がかかります
皆同じ寸法にすないと、、ですので その後のバリ取りも大変でございます

今回は大型のサイレンサーを使用しました、テールパイプは110ハイ

最終部PEACEの接続はカップリングフランジを使用しました

写真の一番下です
ちと 値段は高いですが 最近はこれを使用する事もあります

触媒の位置が、チトメチャクチャでしたので、なるべくF側も調整して強制
して制作 
230530gg



















完成でございます

という事で、、、
エンジンに火をいれます


230523b




















ここから何日か、始動なども含めて調整していきます
最後の最後に、、、

キャッチタンクにblacklineのロゴを打って完成

2300603c




















完成でございます(^^)

230603a

















いやあ、、、RX6 TWIN 放置車両のリカバリー作業、、、
ホント 手間がかなりかかりました

230603b





















230603t




















ここから、OWNERは中古車屋さんなのですが、次のOWNERのOrder待ちとなります
RX6 TWIN もうあまり見られなくなったSPEC

それは、、、今はシングルで大きなTURBOが沢山普及したので
このころにように、TURBOを2個使うメリットがあまりなくなりました

2500psくらいまでなら、RBはシングルでもいけます

まあ、、、日本ではそこまでだしても止まれるサーキットも受け止める路面もありません
つまり、これからもシングルが有利となりますね

しかし、、カスタムの視点から見れば、カスタムは自由です
作りたいものは作る、という方も多いのです(^^)

楽しんで制作していきましょう

それではーーー


#blackline #ブラックライン #BNR32 #32GTR #RB26 #RX6 #ドグミッション
#トラ6 #ワンオフ制作 

こんにちは

昨日 今日は雨(^^)一昨日は猛暑でしたので
やっぱ涼しいほうが はかどりますねー

自分は夏が苦手ですので
涼しいと助かります

さて、、、
お問い合わせで結構多いのですが、 
(中古のDOGミッションを購入するのですが
どうでしょう?か?)

とオークションや、中古の情報を送って来られる方が結構多いのですが
ケースASSYで、組んであるミッションは、、、写真で見ても全くわかりません

なので、、文章の部分から判断となりますが
これも、、、元のOWNERの使用感ですので
なんとも、、、解りません

特に DOGミッションの場合は、よほどトラブルが出ている場合
打音がする、、、とか引きずり音が異常に大きいとか、
それ以外だと、、ギアが抜けます、という感じが多いです

特に最後のギア抜けですが

何度も書いていますが、これは直接見ないと全く解りません
24041dd



















これは補修後の写真ですが
ここが

このようにかみ合う事で動力をOUT PUTします

230520t














ですので、ここが上の写真のように、すり減ると 滑ってしまい動力が伝わりません
もう何をしても治さないと 使用不可でございます

つまり、、これも何度か書いていますが
DOGの山は、どのミッションもおおよそ5mm前後しかありません
これが全てキッチリ噛み合うわけではないので
もうすこし少ない

ですので、、ギリギリひっかかっている間は何の不具合も出ません
むしろ 角がとれてスムーズなくらい、、、

ですが、突然その限界が来ると 全く引っかからなくなり、、、
駆動は伝わらなくなります

内部を開けて DOGの摩耗を見ないと 何とも言えないのです

230419s




















色が灰色っぽくなっているGEARは補修 熱処理した箇所です
良く使用するGEARのDOGがやはり一番痛みます

ということで、、、中古で購入された方は
載せる前に 分解確認をお勧めいたします

載せて5分で、、ギアが抜けたという方や1日で、、、という方も多いのです
そういう物だと割りきらないと乗れませんが

それがポイントのかかったRACEやIBENTだと、もうどうしようもなくなりますので
まめに確認をしてください

ちと 面倒なミッションだな、、、と躊躇すると思いますが

DOGミッションにすれば、どんな車でもどんな競技でも
確実にタイムアップします

これは間違いありません
もし、変わらない、、、と言う方は、元々すごく 上手か、、、
ミッションや、クラッチがうまく使えていません

乗っていても、、、DOG ミッションに乗ると シンクロミッションでは
つまらなくなってしまうくらい、、、お勧めです(^^)

また、街乗りする方や ランニングコストを気にする方は
シーケンシャル Iパターンは避けて  Hパターンの使用をお勧めします

これも何度か書いてますが長くなるので、またそのうち、、、、

また、、
ミッション作業、GEAR修理 制作は、時間がかかります
走行のご予定がある方は なるべく早めにORDERしてください

到着、お見積り、からOREDERしていただいた方から順番に作業に入らさせていただいております
宜しくお願いいたします

230419yy




















#blackline #ブラックライン #DOGミッション #ドグミッション #HKSミッション
#OSミッション #トラ6 #ギア制作 #ギア修理 #クワイフ #ミッションOH

こんにちは

雨が続いておりますが、、、
明日 3月26日に行われる予定でした
MOTEGIの STREETT SHOOT OUTは
中止となりました

いやいや、、、、雨で中止は、久しぶりですねー
DRAG RACEは、ちょっとでも雨が降れば 行われません

危険ですので、、、そもそも RACEになりません
ツー事で

明日は、一人留守番で 工場は開けておく予定でしたが
通常営業となっております

header







次は5月3日かな?
今度は 自分が走る予定でございます

さて、、、、
暖かくなってくると、OWDERが増えるのが
ミッションやGEAR 作業です

最近は、DOG ミッション 以外の GEARなどの制作依頼もあります
というか多くなっているのですが

純正、、、シンクロタイプは形状も複雑で 色々手間もかかりますので

出来る場合と出来ない場合が もちろんございます
ご希望の方は事前にご相談ください

最近 制作 納めた、軽自動車のミッション用の GEAR

このお客様はGEAR 制作2回目なのですが
修理などでは無く RACEに使用するそうで、GEAR比変更で作業です

元はこんな感じ

230325g




















ここのGEAR 比を変更で GEAR制作のご依頼です

計算で、、、まずそのGEAR比が可能かどうかを
寸法を出していきます GEARは歯車の組み合わせですので
それぞれ 大きさ 芯間で、できるGEAR比があります

おおよそGEAR比が決定したら
まず 物理的にGEARの大きさがそこに入るか、、、、

今回のはMAINとカウンター側の大きさがほぼ逆転するほどの GEAR比変更なので

そこにおおよそGEARをあててみて
収まるか?邪魔になる箇所があるか?を確認します

とりあえず大丈夫そう、、、リンケージとか被ると 作れないか、、、、
リンケージも作り変える必要がでてきます

つーことで、GEARをカット
230325b


















下がSTD 上がカット完了したGEAR
ここから 上のGEARに
シンクロが入る DRIVE部分を切り出し 移植していきます

ここまで制作するのはかなり大変なのでこうして使える部分は使う感じです
もう1組のほうはスプラインをカットしたPEACEを GEARに埋め込む方法で制作

そして、、、完成(^^)

230325a




















こうなります
一番上の画像と比べると GEARの大きさが変わっているのが解る?と思います

これで完了です(^^)

そして、、、まだまだ 根強い  QWIFE GEAR  トラ5とかトラ6と
呼ばれる 71 Type用の DOG ミッション

今回も一番多い IMPUT側のDOG

230325e





















これはまず、曲がりを確認しております
この時点で曲がりがある場合はお客様にご連絡して、曲がり修正が入ります

ここに、DRIVE GEARや、こういうDOGがあるものは 
直結があるMISSYONになります

DOG 部分を良く見ると斜めに削れております
この状態だと DOGがひっかからず、GEARが抜けてしまい
動力が伝わらない状態です
ここを補修になります

これ、、たまに溶接で盛ってなりに削ってまた、、ダメになったGEARが送らてきたり
しますが、

できれば、自己補修は避けたほうが無難です、
安くあげたいのはわかるのですが、、、

普通に行うと硬すぎる部分に普通に盛ってしまうと硬くなりすぎて
割れてしまったり、次の補修ができなくなったりもします

あまり硬い場合は 調質や全て削り取る事もあるのですが

できれば、、、あまり手を加えず
そのまま お送りくださいませ

こちらも、
熱処理 SHOTを掛けたら完了でございます(^^)

230325f






















そうそう、熱処理をしてありますので
元のものより、硬度など適正になります

使用前のGEARなどに行うのもお勧めです(^^)

つーことで GEAR作業など色々 お受けしておりますが
割とみな時間がかかります

お急ぎの方はなるべく早めにご依頼ください

到着順に作業、とさせていただいております
それではーーー

#blackline #ブラックライン #GEAR制作 #GEAR修理 #DOG補修 #DOG修理
#GEAR比計算 #ミッションOH #TRSUTミッション #トラ6 #トラ5 #ドグミッション



このページのトップヘ