Blackline Drag Racing

blacklineの RACEや日々作業blog

タグ:クワイフ

こんにちは

本日は、夕方まで 外出でございます
宜しくお願いいたします(^^)

さて
作業中の TOYOTA MARK2  JZX100です

240512cc



















今回は、エンジンルーム側

240510bb





















ウエストゲート等 本固定も完了しましたので
パイピングを制作

ステーを制作しますので、ボスを溶接
エアの取り出しなども装着します

そして、サクション側のステーも制作

240514b



















こんな感じになります

IN側は、スロットルが90ハイに変更なので
こちらも制作

240514a




















ステーも制作完了でございます

その他、細かいものを移動したり固定したりで
ステー と共にブラケットなども制作

240514r























エンジンルームは、排圧の取り出しと
コイル変更の為 ハーネス変更  制作します

パワステのタンクも変更になりますので、こちらも取り付け
エンジンルーム側はこのくらいを残すのみ

手間のかかるFUELユニットがまだかかりそうでございます

あっ、、、燃料配管も変更になっております 2IN  1OUTに変更です

ツー事で、、、もう少しですが
ピッチを上げて進めております

ネチネチ進めます


#blackline #ブラックライン #JZX100 #2J3.2L #2JZ #MARK2 #クワイフ
#パイピング制作 #ワンオフ制作 #ステー制作

こんにちは

4月に入ってなんだかバタバタとしております
忙しいのはありがたい事ですね

今週は、2台納車で 2台お預かり
ネチネチ進めます

さて、

作業中の1台  DRIFT CARのTOYOTA MARK2

組み終わっている、2JZ 3.2Lの補器類を 
搭載用にモディファイをしておりましたが
おおよそ完了


240404k




















サージタンクなどは既製品ですが 補強を入れてあります
トラブル防止でございます

スロットルも大型化したいとの事で
変換フランジを制作いたしました


240404r




















ここで、MOTOR CHENGE

240404b




















ですが、1度エンジンを降ろして、1日かけて洗浄や養生を
ミッションも洗浄していきます

240404c


















ミッションはクワイフ  Iパターンでございます
2年?くらい前にこちらは搭載したミッション


flywheelのボルトもOGURA社製のクラッチですが傷んでいたので
専用品という事で OGURA社から取り寄せ

ようやく塔載


240404y





















ですが、、、EXマニなどは加工が必要そうなので
またまた外して CUTしました


240404a



















何気に 色々と、、、、変更しております
まだかかりそうですが、、、ネチネチ進めますー

#blackline #JZX100 #2J3.2L #クワイフミッション #QUAIFE #MARK2
#DRIFT 

こんにちは

暑くなったり、、寒くなったり、、ですねー
今日は寒い、

さてさて、、、
派手な TOYOTA MARK2 お預かり  JZX100系ですね

240215a



















見た目の通り DRIFT RACE用の車両でございます

240215bb




















うーんハデハデですねー
去年 組んだ 2JZ 3.2L

231215a






















鍛造削り出しCRANK STAFT I断面コンロッド
COSWORTH PITONE メタルは表面処理 

ボルト類はスタッドに、ヘッドはシートカット リン青銅Vガイド
ポート研磨 燃焼室加工 リテーナー変更 SP SET位置変更
VーSP SPL
インナーシム、リフターはRB26 STDを使用
VVTIはそのまま  DUMPER PULLEYも使用
あとのPARTSはほぼ新品で制作しております

オイルPUMPは STD WET SUMP このあたりが
POWERがでてくると ネックになる箇所ですねー

blacklineのDRAG MACHINEも同じようSPECですが
VVTIは無し、POWERを結構だそうとすと VVTIもネックになってきますが
これは適材適所、タイミングが連続可変することで
トルク変動が利用できます

そして、ドライサンプ 
BLOCKにはセメントで補強 マウントもMOTOR PLATE方式としております
ここも、強度には大きく関係してくる箇所ですが、
StockBodyだと大がかりになってしまうので 
そのまま クロスメンバーでマウントになります

という事でここから
MOTOR CHENGEしていきます


そして、燃料はSTD(市販ハイオク)を使用するという事で
FUEL TANKはSTDで 組み上げPUMP×1 BOSH×2で前に送りますので
FUEL SYSTEMを構築もいたします

チト手間と時間がかかりそうですが、、、、ネチネチ進めますー(^^)


#blackline #ブラックライン #マーク2 #JZX100 #ドリフト #2J3.2L #BOSHPUMP
#エンジンスワップ #MotorChenge #シーケンシャルミッション #クワイフ


こんにちは

昨日 今日は雨(^^)一昨日は猛暑でしたので
やっぱ涼しいほうが はかどりますねー

自分は夏が苦手ですので
涼しいと助かります

さて、、、
お問い合わせで結構多いのですが、 
(中古のDOGミッションを購入するのですが
どうでしょう?か?)

とオークションや、中古の情報を送って来られる方が結構多いのですが
ケースASSYで、組んであるミッションは、、、写真で見ても全くわかりません

なので、、文章の部分から判断となりますが
これも、、、元のOWNERの使用感ですので
なんとも、、、解りません

特に DOGミッションの場合は、よほどトラブルが出ている場合
打音がする、、、とか引きずり音が異常に大きいとか、
それ以外だと、、ギアが抜けます、という感じが多いです

特に最後のギア抜けですが

何度も書いていますが、これは直接見ないと全く解りません
24041dd



















これは補修後の写真ですが
ここが

このようにかみ合う事で動力をOUT PUTします

230520t














ですので、ここが上の写真のように、すり減ると 滑ってしまい動力が伝わりません
もう何をしても治さないと 使用不可でございます

つまり、、これも何度か書いていますが
DOGの山は、どのミッションもおおよそ5mm前後しかありません
これが全てキッチリ噛み合うわけではないので
もうすこし少ない

ですので、、ギリギリひっかかっている間は何の不具合も出ません
むしろ 角がとれてスムーズなくらい、、、

ですが、突然その限界が来ると 全く引っかからなくなり、、、
駆動は伝わらなくなります

内部を開けて DOGの摩耗を見ないと 何とも言えないのです

230419s




















色が灰色っぽくなっているGEARは補修 熱処理した箇所です
良く使用するGEARのDOGがやはり一番痛みます

ということで、、、中古で購入された方は
載せる前に 分解確認をお勧めいたします

載せて5分で、、ギアが抜けたという方や1日で、、、という方も多いのです
そういう物だと割りきらないと乗れませんが

それがポイントのかかったRACEやIBENTだと、もうどうしようもなくなりますので
まめに確認をしてください

ちと 面倒なミッションだな、、、と躊躇すると思いますが

DOGミッションにすれば、どんな車でもどんな競技でも
確実にタイムアップします

これは間違いありません
もし、変わらない、、、と言う方は、元々すごく 上手か、、、
ミッションや、クラッチがうまく使えていません

乗っていても、、、DOG ミッションに乗ると シンクロミッションでは
つまらなくなってしまうくらい、、、お勧めです(^^)

また、街乗りする方や ランニングコストを気にする方は
シーケンシャル Iパターンは避けて  Hパターンの使用をお勧めします

これも何度か書いてますが長くなるので、またそのうち、、、、

また、、
ミッション作業、GEAR修理 制作は、時間がかかります
走行のご予定がある方は なるべく早めにORDERしてください

到着、お見積り、からOREDERしていただいた方から順番に作業に入らさせていただいております
宜しくお願いいたします

230419yy




















#blackline #ブラックライン #DOGミッション #ドグミッション #HKSミッション
#OSミッション #トラ6 #ギア制作 #ギア修理 #クワイフ #ミッションOH

このページのトップヘ