Blackline Drag Racing

blacklineの RACEや日々作業blog

カテゴリ: VG

こんにちは

今日も暑いっ

エンジン室では、、
サンデーメカニックの、ウチの長男

仕事が休みの度に 工場に来て
VG 分解しておりましたが

ようやく 分解し終わり
洗浄

240518h




















これも、、中々シビレル作業でございます
その後、やっとブロックの仮組を完了

メインジャーナルの計測に入ります

240601a




















ボアゲージを設定します
MICROで基準値を出して ボアゲージの設定を0に、

その後ブロックをハンガーにSET

240601e




















そして、内径を計測します
240601b




















VGはBlockが短いので、延長RODを使わなくても 前後から計測できます

うーん、、、
老眼鏡無で目盛りが読めるのは、、、うらやましい、、、な

何度も計測
240601c



















目が真剣でございます
基本的に、計測する箇所は、1ジャーナルに付き3か所

縦 斜め 斜め、
これで、ジャーナルの変形具合を確認します
目盛りは、1目盛り100分代ですが

この1目盛りの間の1000分代の偏り具合も、、しっかり考慮して
計測するのもコツでございます

そして、クランクシャフト側も計測

240601d




















これも3方向で計測 これも、、、、
老眼鏡無で、計測できるのは、、、うらやましい(^^)

ここで、計測が終わりましたら
単純に引き算

ジャーナル内径から、クランクシャフトの太さ メタルの厚さ×2を引いて
メタルクリアランスを出します

広くしたい場合が薄いメタル、狭くしたい場合は厚いメタル
選べない場合、、、はクランク狭い場合のみクランク側研磨で対応となります

計測後 ネチネチ計算中、、、電卓もって計算しております

240608a






















ようやく 親メタルの寸法でたようです
あとは、コンロッド側

コンロッドは何を使うのか、決まり次第、、でございます
他の仕事をしているので、趣味の範囲ですが
こうして 色々覚えていくのも、良い勉強ですね(^^)

それではー

#blackline #ブラックライン #Z32 #VG30 #VG30OH #エンジンオーバーホール
#VG親メタル #VGメタル計測 #エンジンOH #VGOH

こんにちは

5月も中盤になってきましたねー
ホント 速い、、、って感じです

さて、自分の長男なのですが、、、
製薬会社に勤める傍ら

休みの日にはほぼ、工場に来て
RACEに出ている  Zと
現在 エンジンを降ろしているZ を弄っておりますが

231126a


















今年のお正月に降ろした VGも、ネチネチ分解しております
こちらは 2シートの SLICK TOP

普段の2by2の Zは、、実は長女からの借り物なのです(^^)
240503e



















長女は看護師の為、比較的裕福でございますが、、
現在の病院にZが乗っていけないので
エンジンをバラシている間 借りることになったそうです

そして 勝手に弄って RACEにもでているので
時折 長女に文句を言われております(^^)

そして、、、
もう、、、給料とボーナスは 車に突っ込み過ぎてカツカツしております(^^)

まずは、、
分解
240120a





















古くて汚いので、外で分解っしていきます(^^)
240210b




















補器類を分解して、、チト途方に暮れております

240210c




















やっと ヘッドに辿りつき、CAM SYAFTを分解中


240514s




















ようやく HEADが降りたところ(^^)
これが、3月くらいかな?

さて、、ここから 腰下の分解
Tベルトのギアを外さないと、、なのですが
パコっとは外せません

240427wk (8)





















このギアに2ヵ所  タップを立ててプーラーで抜きます
文章で書くと簡単ですが

初めての人間だと、硬さや位置などでとまどい
中々進まないものです(^^)


主に STAFFの鈴木君やMOTOMIに教えてもらいながらネチネチ進めております
腰下分解終わったら、、、

これまた 大変な洗浄をして 仮組をしてからの
各部測定が待っております


まだまだ 先は長い、、、ですが、、
仕事の合間だし、 いつできるのか
まあ、、、お金も大変そうですので

ネチネチ進めていくようです(^^)

#blackline #ブラックライン #Z32 #Z32エンジンOH #Z32DragRace #300ZX
#VG30OH #VGOH #エンジンオーバーホール


こんにちは

皆様 お正月はどう お過ごしでしょうか?(^^)
明日から 仕事初めと言う方も結構 おられたりしますね

さて、、blacklineのお休みの様子
工場では、MOTOMIをはじめ、、、皆なんだかんだ作業をしていたりしております

まずは、、、

300ZX
エンジン降ろしてしまいましょう

231222www





















やはり、、、配管 配線 樹脂部分はバキバキでございます
スチール配管も腐食でダメですね、、
このくらいの年式の車両はほぼ こういう感じが多いのです

一度外したら元にも出らない、、、何かを作業する際には
こういうリカバリーしなければいけない箇所も念頭にいれて
作業をしないと、、です

外して、そこだけ交換 ハイ完了、、、とはまずいかなくなっております(^^)
240104b



















つーーーことで降りました(^^)

MOTOMIの DAIHATSU ストーリア
240104a



















かなり、マイナー?車両ですよねー

去年 MOTOMIが大阪から買ってきたのですが
結構良いお値段でした

夏には 色々なGEARを流用 加工をしてクロスミッションに
ファイナルもかなりショートにしてあります

今回はREAR ホーシングにLSDを組み込みと 各部OHをしています

240104b

















この車は 凍らせた湖の上で行われる 走行会?に出る為に
制作している車両、これからシーズンINになるので

MOTOMIは休みまくって走りに行くそうです(^^)
自分も一度見に行ってみますかね、、、

そういえば SUZUKI君も TIRE買って 2月にTSUKUBAを走りにいくそうです
これも見に行ってみようかな。。

つーか間に合うのか。。。。TURBOはSTDのまま、ウエストゲートを装着これは
排圧調整の為  そして ICはまだパイピングできておりません、

230725t



















休み中におわるのでしょうか? ICコア幅は700mmを使用しております

240104



















ということで、お休みももう終わり
多分、、、このまま作業をして休み終わるのだと、、

普段できない事をやる、、
こういうのも 長期連休の楽しいところですね(^^)

それでは blacklineは6日から営業となります
宜しくお願いいたします

それでは

#blackline #ブラックライン #Z32 #エンジンOH #slicktop #2シーター #標準ルーフ
#ストーリア #クロスミッション #インプレッサ #GRB #ワンオフ制作

こんにちは

先週末は、年末のせいか
お客様も多かったです

オイル交換等 メンテナンスなどはできましたら
事前にご連絡をいただけると助かります(^^)

さてさて

これも NEW PROJECT


231126a



















300ZX  2ST SlickTop NA 5Speed(^^)
レアな1台でございます


231126b





















231126d




















エンジン降ろしていきます(^^)

長男は、製薬会社に勤めていますが
勉強の為 お休みの日などには
もう何年も 手伝いに来ています(^^)
今回は、SUUZKI君がつきっきりで
教えています

歳が近いせいか 仲の良い2人でございます(^^)

231126y




















つーことで、、、、ネチネチ分解

231203e




















もう少しだな(^^)

さて、、、、

VG系は、、、Z32などはもう 30年くらい経っていたり、、です
カプラー 水ライン ほぼ全てガチガチ

やはり、分解していくと、、、
一か所だけの修理とかって難しいのが良くわかります

それは、、、パイプやホース カプラーを抜くだけで
くだける、折れる 粉になっている って感じ
これはどの Z32でもほぼ同じような状態です

一か所の修理やモディファイで
目的の箇所にたどりつくまでに分解する必要がある所が
分解するとほぼ、ダメになっております
これはギッチギチのエンジンルーム

熱の影響が凄いのです
そして、ギッチギチなのはHEADが2個

つまり補器類も全て倍ついております
V型を弄る場合は、このあたりを考慮して、、、
長く乗る場合や、修理でどのみち分解箇所が膨大になりますので

はじめから、エンジンを開けなくても、だめな箇所をリカバリーしていくのが
懸命です このほうがかえって安くついたりします

しかし、、、流石 VG 分解するだけで、、、やっぱ大変です
RB搭載車の3倍くらい手間がかかります

Zは自分も好きな車(^^)
長男も 17日のモテギにて、長女のZXを借りて初RACEです
お乗りの方 是非 遊びにでもいらしてください
お待ちしております


それではー

#blackline #ブラックライン #Z32 #300ZX #エンジンOH #SlickTop
#2ST #VG30 #エンジン降ろし

こんにちは

今週は 納車が3台、お預かりが2台

300ZX Z32

230601b




















色々とリカバリーとモディファイを、細かい所を多く作業いたしました
エアコン周りもリフレッシュ

ステアリングラックなども交換
アーム類も 色々交換でございます
230601a



















リア周りもトラクションROD アッパーアームをポジティブ側に調整するタイプに
変更して調整します

フロント側はラックエンドを交換 いづれもIKEYAーFORMULA製です
230525c



















リフレッシュつぃでに、このZのOWNERは、通勤に使用しているのと
たまに、DRAG走行にも行きますので

とにかくトラクションがかかるように 変更調整でございます

エンジンルーム側も燃料系や点火系をモディファイしました
こちらも全て STDからの構築を変更しましたが

230602oo



















VGって 色々変えても解りづらいエンジンルームでございます(^^;
まあ、、その分 奥まっている所からですので、 手間がかかるのですが
やったな、、感があまりないエンジンルームになります

ただ、、、サージタンクを制作すると、音 レスポンスが抜群になるVG
見た目もサージタンクが2個な分 一気にカスタム感がでます

何もかも2個ですからねー

そして、Linelockも取り付け
230525d




















HURST 
この製品 めちゃくちゃコピー品出てますねー、、、
しかし、Linelockはブレーキ関連PARTSです

やはり正規品をお勧めします
自分もMORROSOと、このHURSTしか知りませんが、、、
この2社が安心ですね

フロント側のBRAKE LINEの間に取り付けます

まずはBRAKE PEDALを踏んで ブレーキを掛けてから
スイッチを入れます そして足をブレーキから離すと
F側だけLockされますので

BurnOutしたり、スタートのステージングなどで使用します

通常のCLUTCHではなく DRAGMACHINEのSLIDER CLUTCHなどは
START時に物凄い力でペダルが戻されるので それを足で抑え

指でさぐる感じでステージングしていきますが
その際に LineLockもかけてありますが

BrakePressメーターで圧力も管理して
車の動きに合わせ 調整します、1200psiとか1400とか、、、
クラッチSETなどによります(^^)

という事で

DRIVERや車両によって 使いかたも変わりますが
ステアリングに装着しているのは スタート時や BURNで前に抜ける際の
タイミングなどを見るのに ステアリングに装着することが多いのですが

今回もステアリングに
230602c




















このスイッチの配線の定番はカールコード、、、
カールコードがある事が 当たり前な自分なのですが

今は スイッチもWireレスや 色々なものがありますが、、、
やっぱ Linelockはついカールコードのみで、、、考えます

今回この車両の担当は鈴木君(^^)
エアバックのスパイラル配線を使用して スイッチまで配線したので
カールコードが無い、、、これはこれでスッキリして良いですね

230602b



















ツー事で、、、、今回はかなりアチコチ モディファイいたしました
ようやく完了でございます

楽しんで乗ってくださいませ(^^)

230602e



















#blackline #ブラックライン #300ZX #Z32 #LineLock #イケヤフォーミュラー
#VG30 #T517 #HURST


このページのトップヘ